腕時計を大切に扱おう

皆さんの中で普段腕時計を付けている方がいますよね。しかし毎日使うとつい乱暴に扱ってしまう事なんてありませんか?「どうせ明日も使うから」といって適当に机の上に放ったりしている方が少なくともいます。クォーツ時計しかし、毎日使う物だからこそ、大切に扱う事が大事です。本来は時間を知るための道具ですが、現在ではファッションの一部のアイテムとして腕時計を付ける人がいます。特に芸能人などは高級な腕時計をしていますよね。そこで今回は腕時計を長持ちさせる方法をお伝えします。また毎日使っている方は勿論の事、たまにしか使わない方にも参考になりますので是非ご覧下さい。

クォーツ時計を長持ちさせる方法

まず最初に腕時計には「クォーツ時計」「機械式時計」の二つがあります。この二種類の中で多く使われているのがクォーツ時計で、その特徴としては電池を動力として動く時計を言います。また電池がある限り時間がずれる事はほとんどありません。そんなクォーツ時計ですが、長く使う為に注意すべきポイントが三つあります。まず最初に「電池が切れたら交換する」です。これは基本的な事ですが、電池が切れれば時計の針は動きません。しかし電池が切れている状態で「たまにしか使わないからいいや」など電池を交換せずに放置していると、機械内部に不具合が生じる可能性があります。なので、いざ使う時になって電池の交換をしても「動かない」「故障している」といった事になるので電池が切れたらすぐに交換する必要があります。次に「磁気を発する物の近くに置かない」です。特に電化製品中でも「電子レンジ」「パソコン」「携帯電話」などは磁気を発するので、磁気の影響で時間が狂ってしまう可能性もあります。また、あまりにも強い時期を受けると時計の内部に時期が残ってしまうため時間が狂ったまま戻らない可能性もでてきますのでご注意ください。最後に「高温多湿は避ける」です。特にクォーツ時計は精密機械なので高温多湿な場所は極力避けてください。また最近では防水機能などが付いている腕時計も販売されていますが、むやみに水に付けてしまうと稀に水が浸透してしまう事がありますので、できるだけ外すようにしましょう。