ブランドバックを綺麗にお手入れする方法

バックを掃除している光景今では多く方がブランドバックを持っていますよね。しかしブランドというだけあって決して安価な物ではありません。そんなせっかく高価で購入したブランドバックだからこそ大事に扱う必要があります。しかし、バックは使えば使うほど、柔らかくなります。なのできちんとメンテナンスを行わないと汚れが目立ち光沢が失われますので、使ったらお手入れをする事が大事になってきます。

簡単にできるお手入れ方法

その中で、ブランドバックを長持ちさせる方法を説明します。しかし、バックのお手入れと言ってもエナメル素材や革素材など使われている素材は沢山ありますよね。その中でブランドバックの中でも世界中から愛されているルイヴィトンなどでよく使われている「ヌメ革」のお手入れ方法を説明します。ヌメ革というのはとても柔らかく、使っていると色が濃く変わってきます。しかし、使い続けるほど味がでてきますので良いのですが、あまりにも黒くなりすぎると味というよりは「汚れている」という印象が強くなってしまいます。そんな黒ずんできた汚れを綺麗に落す方法は渇いた布や市販されている汚れ落としのクリームなどで簡単に綺麗になります。またルイヴィトンの代表ともいえるモノグラム。モノグラムの素材としてはコットン・麻・塩化ビニールをコーティングしたものなので丈夫にできています。なのでお手入れはすごく簡単です。濡れたタオルで軽く拭くだけで汚れは落ちますし、油汚れなどは家庭用の洗剤で十分落とせます。最後にお手入れをする際に注意するべきポイントを説明します。長年使っていると革が乾燥したりシミがついてしまうかもしれません。そんな状態になると念入りなお手入れが必要になってきますので日頃からのこまめなお手入れが大事になります。ですが、お手入れと言っても限度があります。あまりにも破損は酷い場合は専門店やルイヴィトンに直接クリーニングをしてもらう方法を行ってください。