ブランドバックの保管方法

高級なブランドバックというのは素材も良いです。そんな高価で買ったブランドバックがすぐに型崩れしたり汚れてしまったら落ち込みますよね。ブランド品だからといって安心してはいけません。高価な物だからこそ綺麗に長く使い続ける事が大事で、お手入れが必要なのです。そんなブランドバックに関する保管方法を説明します。

ブランドバックの保管方法

まず最初に革の変質です。ブランド品の多くは革で作られており頑丈だと思いがちですが、かなり繊細な素材です。なので日当たりの良い場所に長時間放置する事は止めましょう。なぜ「日光に弱いのか?」そんな疑問がある方がいるかもしれません。その理由として革は元々、動物の皮膚です。ですから人間の日焼けと一緒と考えておくと良いでしょう。だからといってタンスやクローゼットの中に保管する事もNGです。引き出しの中というのは非常に湿気が多く、革製品の場合はカビが発生しやすいです。収納してあるバックなので風通しの良い室内に保管する事をお勧めします。次に説明するのが「型崩れ」です。これはブランドバックだからという訳ではなく、バックを持っている方の悩みで一番多いです。いくら頑丈に作られているバックであっても底がへこんできたり徐々に伸びてきます。そんな型崩れせずに美しい状態で保つためにはひと手間かける必要があります。まず、可能であればバックを吊るす保管方法です。「長年使い込んで保管していたバックを久しぶりに出したら形が変わっていた」という事があります。その原因が畳んで収納をしたり、他のバックと一緒に重ねて保管するからです。ほとんどのバックが保管している間に形を変えてしまうので、先ほども言いましたように吊るせる環境にある方は吊るした保管方法を取って下さい。このように型崩れや革の性質が良ければ買取に出す際にもメリットはあります。購入したものをボロボロになるまで使う事が良いことですが、綺麗に保ったまま使い、不要になった時に売却をする際には高価査定が見込める可能性がありますので是非参考にしてください。