ヴィトンの歴史と価値

バックや財布など、何か一つ身に付けた事があるだろう人気のブランド「ルイ・ヴィトン」は長年に亘ってハイブランドとして不動の地位を築いています。その歴史というと創設者が大きなトランクケース職人であった事から始まりです。「船旅で遭難しても水に沈まないトランクケース」があったという伝説は誰もが一度は聞いた事があるかもしれません。ヴィトンのバックまた、19世紀終わりにはスペインやロシアなどの貴族から重宝とされ、その頃から布地を張る方法が主流になっていました。その中で人気と共にコピー商品が多く出回りましたが揺らぐ事なく、19世紀後半には現在でも愛好者の多いベージュと茶褐色の市松模様の「ダルミエ・ライン」が発表されました。そのデザインや素材の性質の高さから1889年にパリ万博博覧会で金賞を受賞しています。それを機に世界的企業として躍動してハンドバックも出掛けるようになり、その中で考案されたのが現在のヴィトン社のトレードマークでもある「モノグラムライン」です。日本への進出は1987年の事で東京にや大阪に店舗をオープンさせ日本のブランド界に参入を果たしました。また日本初の直営店が銀座にオープンした際にはアパレルメーカーとのコラボなどで新たな市場の展開を繰り広げました。

ブランド買取の価値

定番のブランドとして評価の高いヴィトン。その中でも老若男女問わずに人気の商品となっているのが長財布です。時間や労力など、高い技術を費やして作られた物。また洗練されたデザインや素材の良さは上質な華やかさを持ち合わせており、黒・白・茶色・ピンク・紫などバリエーション豊富な色が多くあります。特に耐久性にも非常に優れている事から流行に左右されない強みを持っていて、特にモノグラムシリーズはデザインが発表されてから長年経ちますが男女問わず幅広い年層から支持されています。このように確かな品質である事が長年使用されている証拠になりますので、中古品になってもその価値は変わらずに大きな変動をする事はありません。その点を聞くと「買取」に適しているという事がわかります。またヴィトンの新作というは世界中が注目しており販売されるとすぐに売り切れる傾向にあります。そのため市場に流通する量がとても少なく重要が大きいので中古であっても値段が跳ね上がる可能性があります。なのでお手元にあるヴィトンがタンスの中に眠っている状況にある方はヴィトンに活躍する場を与えてみませんか?