プラダの歴史や市場価値

イタリアを代表する高級ブランドとして世界で愛されているプラダ。シンプルで上品なデザインは時代が流れても変わらず、人気のブランドです。また様々なファッションにも合わせやすい事から幅広い層から支持を集めているプラダですが、その歴史や市場価値などは一体どのくらいなのでしょうか。今回はそんなプラダに注目して歴史や価値などを説明します。プラダのバックまず最初にプラダの歴史として、1913年にミラノでマリア・プラダがオープンした事が始まりでした。当初から質の良い皮を使用して職人がバックを作っていましたが、その商品の品質が評価されイタリア王の御用達となりました。それを機にミラノでは最上級の評価を受けるようになり人気のお店になりました。しかし、マリオの死後は娘であるルイージ・プラダがお店を継ぎましたが、時代の流れに乗れず、倒産の危機を迎えました。しかし。その倒産の危機を救ったのがマリオの孫娘でもあるミウッチャ・プラダです。彼女は革だけではなくて「ポコノ」という非常に軽くて強い工業用のナイロン素材を使ったシンプルなバックを導入し、これが現代の女性の志向に合い、大きな話題になりました。そんな危機を乗り越えたプラダは一流プランドの仲間入りをして、近年ではバックだけではなくてアクセサリーや洋服など色々なアイテムの幅を広げています。

プラダの市場価値

プラダは他の高級ブランドと比べると比較的にリーズナブルなアイテムから高額な物まで幅広くあります。なので中古市場でもリーズナブルな製品が多く流通しており需要がある為、高価買取が見込めると思います。なので買取に出したいものがあれば一度査定をお願いすると良いでしょう。またプラダの中でもバックが持つ価値はどれ程だろうか。これは表面的に見ても世界の有名なセレブが愛用していますよね。そんなセレブが使用する程の安心と信頼があるからこその価値です。このように世界から注目されている高級ブランドというのは時代が流れても変動はなく高価で取引されます。これからも愛され続けるプラダは注目していく必要があります。